鎌倉ゲストハウス!

投稿日: Commentsカテゴリー: 日記

IMG_4097 先日、所要で関東に出張に出掛けました。その際、神奈川県鎌倉市の大船にある「鎌倉ゲストハウス」さんに一泊させて頂きました。 正直、ゲストハウスに宿泊するのは今回が初めてで、かなりドキドキもんでしたが、泊まってみるとこれが、田舎の実家に泊まりに来た感覚でとても落ち着き、すこぶる快適でした。 こちらは、鎌倉の中心部や大船駅からはもっとも遠いのですが、築120年の秋田料理店の古民家を改装したゲストハウスで、共用部分はには囲炉裏が鎮座し、とても良い雰囲気でした。 IMG_4095 IMG_4094IMG_4079ゲストハウスの良さは、同宿の方やスタッフの方と仲良くなれて、旅の情報交換等のコミュニケーションが取れることと、宿泊料金が安いこと(私は素泊まりで一泊3,000円でした) 今回の鎌倉ゲストハウスさんには、1階にレストランバーがあり、ここに飲みに来られていた方やマスターともスグに打ち解け楽しい宴となりました。

IMG_4090 IMG_4091 弊社でも来月から奈良にて市の登録文化財の御屋敷を管理することになりましたので、その有効活用に「ゲストハウス」という選択肢もアリかな・・・と思ったのでした。
→鎌倉ゲストハウスさん http://www.kamakura-guesthouse.com/

公認不動産コンサルティングマスターになります!

投稿日: Commentsカテゴリー: 日記

久々に昨年、資格試験にトライしました。不動産業としては宅建以来の資格です。その名は「公認不動産コンサルティングマスター」
比較的通り易い資格でしたが勉強不足もあり、ドキドキもんでしたが、何とか合格しました。

IMG_3801どんな事で皆様のお役に立てるかは、以下をご覧くださいませ。
http://www.kindaika.jp/master/
ホンマに、落ちた思たです。ほ~(^.^)

 

阪神大震災

投稿日: Commentsカテゴリー: 日記

今回は、ちょっと硬い話です。
私、不動産屋の息子として生まれて約40年経ちました。でも、子供の頃に「地上げ屋」という言葉がはやり、学校ではしょっちゅうイジられていたので、不動産屋の息子であることが嫌いで、嫌いで、仕方が無かったです。
そしてそのまんま、小中高を過ごし、大学時代の半分はアウトドアのクラブに精を出し、遊んでばっかりでした。
そんな二十歳の冬に阪神大震災が起こり、大学でも学生15人、教職員8人の尊い命が犠牲になり、私も同じ語学を先行していた女の子と先生を亡くしました。
1994年の12月の最後の語学の授業で「それでは、皆さんまた来年!」と先生が仰っていたのが忘れられず、そのまま先生は芦屋のマンションが倒壊して亡くなり、クラスの女の子は下宿の天井が落ちて亡くなったと、後で聞かされました。
1.17当日、私は大学の後期試験があったのですが、当然試験は無くなりました。でも、家でテレビを付けて、阪神高速が横倒しになっている映像を見て、広島から下宿していた友人が気になって、見ていられなくなり、奈良から食料を買い込んで、避難所を回りました。
幸い、その友人は無事で、その後出来たばかりの関空に二人で行って、関空の待合室で毛布に包まって、そいつが一番機で広島に帰るのを見届けたことを覚えています。
年が明け、3回生になり、学校も正常に回り出したものの、身近であった亡くなった2人がいないことに実感が無く、無常観を初めて感じました。あんな壮絶な現場をみて、身近な人達が急にいなくなる・・・二十歳の自分には衝撃過ぎました、そして人生観が変わりました。
それから、無常観を埋めるべく「生きる」事を真剣に考えて、残りの2年はまず、持病の椎間板ヘルニアの手術をし、アウトドアのクラブを辞め、真面目に学校に通うようになり、今の自分の礎となる宅建を取得し、残りはド短期バイトばかりを選んで、常に自分をアウェイな環境に置きながら、ホームにする為に人間関係を学びました。
あれからもう19年、先日の1.17の夕方にたまたま、神戸で打ち合わせがあり、追悼の集いに参加できました。午後でしたが、5時46分の黙とうにも間に合いました。
今、自分が生かされて、不動産屋をやっているのは、あの時の経験のお蔭やと思います。
災害は忘れた頃にやってくる。あの経験は後世に伝えていく義務があると思います。
2014阪神大震災追悼

弁天町にカジュアルイタリアン現る!

投稿日: Commentsカテゴリー: 日記

先日、わが社のホームグラウンド港区の地域活動で懇意にさせて頂いています、株式会社ファーストオーシャンの中澤社長から、「先日弁天町にカジュアルイタリアンの新店舗を開店し、そこで働く従業員さんの為のマンションを探してもらえませんか?」というご依頼を頂き、近くの賃貸マンションをご契約させて頂きました。
ファーストオーシャンさんは、地下鉄中央線の大阪港駅前(海遊館の最寄駅)で居酒屋の「村さ来」と居酒屋の「たんぽぽ」をそれぞれ1店舗、野田阪神にイタリアンを1店舗、そしてこの弁天町に「イタリアン酒場 フィオーレ クッチーナ オンダ」を今年開店されました。

ここで、「弁天町」という街についてちょっと解説・・・この界隈は昔から「市岡(いちおか)」と呼ばれています。江戸は元禄の時代に「市岡新田(いちおかしんでん)」といわれる新田開発が行われ、海を埋め立てて田んぼを作り、人が住むようになったそうです。
今でも、市岡高校があるので、大阪府民の方なら馴染みがあるかも・・・その後昭和36年に大阪環状線と地下鉄中央線が開業し、国道43号線・中央大通が開通し、港区の玄関口となりました。駅前には、現在交通科学博物館(本年4月閉館)やORC2000、ベイタワーホテル等があります。
しかし、駅前の開発はキチンと計画立てて進められた感は無く、東西南北の乗換駅にもかかわらず、43号線や中央大通の様な広い道路の幅が間延びして人々の動線が分散する傾向がありました。
この為、弁天町駅前で飲食店や飲み屋が密集するエリアは駅の北東のエリアか、南に300メートルほど下がったみなと通り沿いに限定される事になりました。

さて、お話を戻して「フィオーレ クッチーナ オンダ」のお話ですが、数多くの飲食店で腕を奮ったイケメン店長と、とても気持ちの良いスタッフの皆さんで運営されております。弊社代表は、飲食店の店舗開発の仕事に長年携わってきたので、数多くの飲食店さんにお伺いしましたが、このお店はお料理・スタッフさんのサービス、コストパフォーマンス共に本当に満足できるお店なんです。
地元港区にこのお店が出来てとても良かったです★行きつけのお店が一つ増えて、地元飲みが進みそうな予感!

t_002o t_002p IMG_3836 IMG_3839 IMG_3914

初詣&新年会

投稿日: Commentsカテゴリー: 日記

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も何卒弊社を宜しくお願い申し上げます。
さて、本日は毎年の恒例行事となりました、弊社顧問先の飲食店運営会社、株式会社汐屋様の社員さんと、経営陣の方々と一緒に神戸御影の弓弦羽神社へ初詣に参加させて頂きました。
IMG_3723皆様と一緒に社殿でご祈祷を受け、境内で振る舞いの枡酒を頂いた後は、会長さんの御宅で御屠蘇を頂き、そのまま新年会に突入しました。
この新年会には毎年30人程の社員さんが集まりますが、毎年手の込んだおせち料理やご馳走が食卓に並びます。
しかし、毎年何日も前からこの宴会の準備をされる社員さんや、会長さん、社長さん、会長さんの奥様、ご親族の方々には脱帽です。
お店は大晦日も元旦も営業をしているので、毎年参加メンバーは入れ替わりますが、田舎から出てきて帰郷が中々できない独身の社員さんの労を労われるのが目的なのです。
今時、ドライな人間関係が多い中、昭和の伝統が残るこの新年会に弊社も参加させて頂けてとても幸せですね。
普段中々現場でお話し出来ない社員さんとプライベートや仕事のお話が出来、元旦からとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
IMG_3724